たまが~でん別館

適当になんか色々書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の飯・94【神田:タパスモラキュラーバー】

花寿司の幸の4巻で出てきたタパスモラキュラーバー、最初読んだ時は「こんな店本当にあるんかいな」と思ってましたが、ある時検索してみたら本当にアッター!!ってことでずっと気になりつつ、でもマンダリンオリエンタルホテルとかいうやたら格式の高そうなホテルの38階(最上階)にあるということと、あと予約取るのが結構難しいということもあって、どうしても踏み込むことが出来ませんでしたが、以前の連れに駄目元で同伴お願いしたらOK貰ったので、思い切って予約取って行って来ました。

バーのホムペ見ればわかるんですが、ドレスコードというのが決まってて「スマートカジュアル」とあるんですが、これに凄い悩まされました。スーツだとフォーマルになるし、襟付きのジャケットと言ってもピンキリで、紳士服屋では「そういう場合はブレザーがいいですよ」とか言われましたがそれも何か違うような気がする・・・ということで、一ヶ月悩んだ結果、肩の張ってないカジュアルジャケットにストライプの入ったシャツに決定。下は当初「ダメージジーンズで無ければいい」とホテルの人に言われてましたが、直前に聞いてみたところ「基本的にお客様にお任せはしますが、ジーンズはちょっと・・・」とか言われてしまったので、仕方なくスーツのスラックスで代用。で、実際ホテル行ってみたところ、無事何も言われなかったということで、一安心でした・・・。

が、38階に来てみると、何と言うか俺だけ完全に場違いな感じが。。。オリエンタルというイメージからか、灯りはロウソクが基本で薄暗く、外はガラス張りで夜景が凄まじい、そしてお客さんはみんなセレブっぽいっつー。連れはドレスで雰囲気出てるのに俺だけみすぼらしい感じが(苦笑)。場違いと感じた決定的なきっかけが以下。ちょっと見づらいですが、ジュースの値段が違うにも程があります(笑)。
mandamenu

そんなこんなで、しばらく待たされた後にバーに通されて、いよいよスタートです。うちら以外には外人さん夫婦が一組で全4名。平日だからかな?ちょっと席に余裕がありました。バーはツケ場のようになっていて、ガラスケースの中に色々な食材があります。

さて料理ですが、今回は28皿出ました。一皿一皿が量が少なく、でもそれら全て様々な工夫が凝らされており、料理屋というよりは「料理エンターテインメント」という感じです。全て語ると面白くないので、一部だけ紹介します。
まず食前酒は「ヤクルトビール」。ビールの上にヤクルトの泡が乗ってます。苦味と甘みを同時に味わうのが気持ちよいです。
次に「トミくん」。トムヤンクンの味成分、構成品を固形にしたものです。味はきっちりトムヤンクンしてます。
次に「にんじんキャビア」。にんじんジュースかな?それを複数の注射器に入れて逆さまにし、液体(説明されたもののよく覚えてない・・・)にそれが一滴ずつ落ちて、液体の中で固形の粒になるわけです。キャビアより歯ごたえはなく、ゼリーのような感じですが、味は甘いにんじんです。
次に「イベリコの秘密」。かの有名なイベリコ豚です。真空調理したんだかで、ジューシーで旨いです。実はイベリコ豚は初めて食べたので感動しましたが、量が少ない・・・(苦笑)。
次に「うなぎ、パイナップル、味噌」。これ、うなぎの上にパイナップルが乗ってるんですが、一緒に食べると西京味噌のような味になります。結構驚き。因みにこの料理法は花寿司の幸でも出てました。
次に「ジューシーラム」。真空調理されたっぽい骨付きのラム肉ですが、ジューシーとつくだけあって、というか食べる前に「ゆっくりとナイフを入れないと肉汁が飛び出ますので」と注意される程に、マジで信じられない程の肉汁が出てきます。ぶわって感じに(笑)。肉も柔らかく、凄いです。。。
次に「モヒート」。バーテンダーさんが準備して出してくれるのですが、グラスには銀のストローのみ。言われるままにストローを吸うと、中からゼリー状のモヒートが(苦笑)。でも、ミントの香りはするし、味の感覚もまさにモヒートです。さわやかで旨い。
そして「味噌汁」。これも漫画で出てきてますが、スープのゼリー、豆腐のキャビア、わかめパウダーがふりかけられており、スプーンの上に乗ってます。一口で食べると、なるほど味噌汁。
漫画のラストに出てきた「くうき氷」。ブルーハワイのカキ氷が出てくるんですが、これを口に入れると口中で「ボフッ」と爆発します。最初は驚きますが、だんだん楽しくなってきます。
最後に「フルーツ」。レモンやらオレンジやら、柑橘類ばかり。でもシェフからは「一口だけ食べてください」と言われる。一口ずつ食べてみると、別の皿で種のようなものが出てきて、それを舌の上でなめるように言われ、その後またフルーツを食べるように言われます。すると、さっきまで酸っぱかったフルーツが甘くなってる。これが有名な「ミラクルフルーツ」というものでした。効果はしばらく続くそうで、お湯で口をすすげば直るそうです。

大体こんな感じ。他にもたくさんありますが、後は実際にお店に行って楽しんで頂きたいと思います。要予約ですが・・・。尚、2人で3万円ちょっとでした。。。以下が最後に渡されたメニュー。折角なので掲載します。
tapasmenu

最後の最後に夜景も撮ったので掲載しときます。この時首都高では渋滞でした(笑)。そんで帰りに飲み屋でハイボール飲んだんですが、添えられてたレモンの輪切りが甘かったです・・・
(苦笑)。
mandayakei

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/03/21(金) 20:01:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<今日の飯・95【国分寺:PANAS】 | ホーム | 多忙極まりすぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nikujagablog.blog70.fc2.com/tb.php/207-66fd54f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Q

Author:Q
基本は適当です

最近の記事

ブログリンク

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

来訪者数

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。